便秘 即効

健康に良いとされている青汁や卵よりも必須アミノ酸が豊富です。

健康な体づくりは適度な運動やバランスの取れた食事、ストレスを溜めない事や十分な睡眠などが大切です。

 

 

その中でもバランスの取れた食事を毎日続けるのは難しい事だったりしますよね。

 

 

規則正しく三食食べ、栄養のバランスが整った食事がいいのは分かってはいても、偏食になってしまう事も多いと思います。

 

 

十分な栄養は摂れていると思っていても、体に必要な量の野菜は意外と多いので足りていない事もあるんです。

 

 

 

多くの食品をバランスよく使い、1日に30品目を目標にする事が薦められています。

 

 

ご飯やパンなどの主食や肉や魚などの主菜は摂りやすく、むしろ多すぎる傾向にあります。

 

 

反対に野菜やきのこなどの副菜は不足しやすく調理している間に栄養が抜けてしまう事もあり、意識して積極的に摂っていく必要があります。

 

 

副菜が足りないと肌荒れや便秘の原因になったり、免疫力が低下してしまいます。

 

 

では一日にどれぐらいの量の野菜を食べたらいいのでしょうか?なんと350gも食べないと野菜が足りないのです。

 

 

350gというと生の野菜で両手で1杯くらいに相当します。

 

 

毎日、食べ続ける事が出来ますか?一番いいのは食事からバランスよく栄養を摂る事ですが、難しい時にはサプリメントで補う事が出来ます。

 

モリンガの葉を粒にしたサプリメントです。

おすすめしたいのはモリンガの小粒です。モリンガの小粒は沢山の栄養素をバランスよく含んだサプリメントです。

 

 

モリンガとはハーブの名前なんですが、様々な栄養を含んでいる凄いハーブなんです。

 

 

ポリフェノールやギャバ、必須アミノ酸などを含み、必須アミノ酸の量を青汁と比べてもモリンガの方が多いんです。

 

 

アミノ酸は体を作るために不可欠な栄養素で、モリンガには18種類ものアミノ酸を含んでいます。

 

 

体内で合成する事が出来ないアミノ酸は食事から補わなくてはなりません。

 

 

あの苦い青汁を飲む事よりも、サプリメントであるモリンガの小粒を飲む方が手軽で続けやすいですよね。

 

 

中性脂肪を抑えたり血圧を下げる効果のあるギャバは発芽玄米の30倍、抗酸化作用を持ち生活習慣病の予防に期待できるポリフェノールは赤ワインの8倍にもなるんです。

 

 

これだけでも素晴らしいハーブなんですが、まだまだ様々な栄養素を含んでいます。

 

 

食物繊維はレタスの28倍、鉄分はほうれん草の44倍、カルシウムは牛乳の16倍にもなり、その他ミネラルやビタミンなど有効成分は50種類以上も含んでいます。

 

 

有効成分の種類の多さに驚きますよね。そんなモリンガの葉を濃縮し、飲みやすい形にしたのがモリンガの小粒です。

 

 

様々な栄養素をバランスよく摂れます。

 

 

植物なので薬とは違い安心して飲む事が出来、1日に飲む量は10粒でいいんです。バランスよく栄養を摂りたい方や体内から美しくなりたい方にはおすすめです。

 

>>モリンガの小粒【最安値】公式通販ショップはこちら<<